新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年09月02日

ウィーン紀行・・・1

ウィーン市はオーストリアの首都
ウィーン少年合唱団は日本にもよく来日しているし有名である

オーストリアと言ったら、ウィーンという都市の名は有名
またモーツアルトの生誕した国として
そしてあの「運命」で有名なべートーヴェンの滞在した場所でもある

海外6
ウィーンでの観光は馬車が有名
私も一度は乗ってみたい
海外3
        ウィーンでは(他の国でもこういう光景あると思うが)
               このように電車と馬車と自動車が一緒の通りを通っている。
        私は車を運転してみてこういう状況の判断がつかずに
               かなりあせってしまった
        馬車はやはりおそい、しかし皆に守られているみたいであった


またウィンナーコーヒーはウィーンの名をとってつけたと言う
そんなこんなでウィーンの地名は名が知れている

オーストリアは音楽家達のお墓も沢山あり
ウィーンの人々は音楽・・・やっぱりクラシックが大好き
というより体にしみこんでいる感じだ
小さい時からクラシックとともに生活を楽しんでいる
・・・よく映画などでも、家族でオペラを聴きにいったり、そんな光景があるが
本当にその通りの生活習慣をしている人達が多い
(コンサートなど、日本に比べてかなり安価でいいなあ)

お正月明け元旦の名物ともなっているニューイヤーコンサートも
ウィーンの楽友協会から流れてくる

正月はテレビにかじりついてニューイヤーコンサートを楽しむ私
世界50カ国で中継放送されているというニューイアーコンサート
この有名なニューイアーコンサート
確か5年前は、日本が誇る世界の指揮者 小澤征爾 が指揮をした
彼は今ではウィーンオペラ座の総支配人
彼も私の尊敬する人物の一人である

このウィーン楽友協会で行われる伝統と格式のニューイアーコンサート
生きている間に一度は訪れて見たいなあ・・・
しかしどうやってチケットを申し込めば良いのか・・・
旅行会社が企画しているというが、その年のニューイアーコンサートが終ったらすぐに来年の申し込みが殺到するという
それにすばらしく高いらしい・・・いや詳しくは知らないが・・・

オーストリア首都ウィーンはこのように音楽関連であまりにも有名な都市なので
どうしてもそのことばかりが日本ではクローズアップされてしまう

しかし、実はこの首都ウィーン
ヨーロッパではかなり名高い商業都市でもあるのです
海外からの流通が大変多く、ビジネス都市としてもかなりのものなのだ

そんな躍動都市ウィーンに本社がある
弊社がオイルを輸入しているオーストリア最大の企業OMV社の工場も
この都市に流れる美しいドナウ川のほとりに位置している

OMV社のことは、
弊社HPの方をご覧下されば嬉しいです (ウィーン紀行2に続く)


posted by 博 at 13:07| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。